絶対に成功させたい家づくり!

家づくりで失敗しないために知っておきたいこと

デザイン住宅とは?どのような種類があるのか知っておこう!

デザイン住宅とは?どのような種類があるのか知っておこう! デザイン住宅には多種多様な種類があります。
例えば、古い日本の家屋をイメージさせるような和風であったり、そこに現代の欧米的な生活様式を取り入れた和風モダンもあります。
近年では洋風のデザインが好まれていますが、過度な装飾等を無くしてすっきりとした印象になる洋風モダンも人気があるようです。
他にも、どのような風景にも合うシンプルスタイル、シンプルスタイルに現代的要素を入れたシンプルモダン、地中海沿岸の国々の家で多く見られる外観を取り入れた南欧テイスト等があり、無数の選択肢があることが分かります。
施主の希望を反映しやすいので、デザイン住宅はこだわりを持って家づくりをしたい人に向いています。
アメリカ西海岸のカリフォルニアによくある住宅の外観を参考にしているカリフォルニアスタイルは、家の屋根やテラス上部を覆うようにのばしたカバードポーチが特徴的です。
同じアメリカでは、大きな窓や大きな柱が特徴的なニューヨークスタイルもあります。

デザイン住宅を和風にする意味と外観の特徴

デザイン住宅を和風にする意味と外観の特徴 デザイン住宅と呼ばれるものは洋風が多いものの、中には和風のデザインもあります。
デザイン住宅は必ずしも洋風でつくる必要はなく、建て主の好みで決めてかまいません。
住宅をどちらにするかを決めるには、それぞれの特徴を知ることが大切です。
中でも外観はその特徴の違いが多く出るところです。
洋風は一般に庇の出が短く、中にはほとんど出ていないものもあります。
屋根は瓦葺以外で、スレートや鋼板が吹かれるのが一般的です。
一方、和風は庇の出が洋風よりも長く、屋根には本瓦が葺かれることもあります。
屋根を見れば、その特徴がわかるのが建築では常識的なことです。
日本国内に建つ以上は洋風につくったとしても、気候風土による特徴は出るものです。
その意味ではどちらのデザインを採用しても中身は変わらないとも言えます。
住宅の外観は建て主の好み以外にも、周辺の環境や自然から受ける制約により決まってくるところがあり、あまりこだわる必要はないとも言えるでしょう。

Copyright © 2022 絶対に成功させたい家づくり! all rights reserved.